肩こりや疲れを癒やす薬は外用の湿布や内服薬があります

肩こりの治し方には薬を利用したり、マッサージなど治す方法はいくつかあります。
肩こりは、動くことで疲労がたまる場合や、同じ姿勢で過ごし続けることで筋肉が緊張する場合などの要因で、血管やリンパ管が収縮して圧迫され、血液やリンパ液の流れが滞ってしまうことで筋肉の中に拾う物質がたまる状態です。特に肩の部分にこの状態がある場合が肩こりといいます。

肩こりは、日々の姿勢の悪さ、歯のかみ合わせ、高血圧、精神的なストレスなどが原因となる場合があります。
肩こりを治すには肩こり薬を活用して痛みを和らげることが期待でき、肩こり薬には、湿布剤、塗り薬、内服薬、漢方があります。

湿布剤は、根本的に治すものではなく、痛みを和らげることが期待できます。冷感と温感タイプがあり効果は同じですが、肩こりには温湿布がより効果が期待できます。塗り薬は、薬を塗って皮膚から薬を吸収させます。炎症を抑え痛みを抑え即効性はあります。内服薬は筋肉の緊張を緩和します。またビタミンB12群の薬も神経を修復する働きがあるため、個人差はありますが痛みが緩和されたり疲労回復が早くなることもあります。
漢方薬は、葛根湯など色々あります。葛根湯は、肩こりと後頭部から背筋にかけてこりがある場合にも効果的です。
この他には、お風呂に入浴して血行をよくしたり、姿勢を正しくしたり、頭皮をブラッシングして血行を促進するなど、日常生活の行動で肩こり解消につながる方法はあります。

その他には、普段からの疲労を快復してくれるしじみ系のサプリメントもお薦めです、
しじみにんにく極の口コミをチェックして試してみることをおすすめします。