肩こりや疲れを癒やす薬は外用の湿布や内服薬があります

肩こりの治し方には薬を利用したり、マッサージなど治す方法はいくつかあります。
肩こりは、動くことで疲労がたまる場合や、同じ姿勢で過ごし続けることで筋肉が緊張する場合などの要因で、血管やリンパ管が収縮して圧迫され、血液やリンパ液の流れが滞ってしまうことで筋肉の中に拾う物質がたまる状態です。特に肩の部分にこの状態がある場合が肩こりといいます。

肩こりは、日々の姿勢の悪さ、歯のかみ合わせ、高血圧、精神的なストレスなどが原因となる場合があります。
肩こりを治すには肩こり薬を活用して痛みを和らげることが期待でき、肩こり薬には、湿布剤、塗り薬、内服薬、漢方があります。

湿布剤は、根本的に治すものではなく、痛みを和らげることが期待できます。冷感と温感タイプがあり効果は同じですが、肩こりには温湿布がより効果が期待できます。塗り薬は、薬を塗って皮膚から薬を吸収させます。炎症を抑え痛みを抑え即効性はあります。内服薬は筋肉の緊張を緩和します。またビタミンB12群の薬も神経を修復する働きがあるため、個人差はありますが痛みが緩和されたり疲労回復が早くなることもあります。
漢方薬は、葛根湯など色々あります。葛根湯は、肩こりと後頭部から背筋にかけてこりがある場合にも効果的です。
この他には、お風呂に入浴して血行をよくしたり、姿勢を正しくしたり、頭皮をブラッシングして血行を促進するなど、日常生活の行動で肩こり解消につながる方法はあります。

その他には、普段からの疲労を快復してくれるしじみ系のサプリメントもお薦めです、
しじみにんにく極の口コミをチェックして試してみることをおすすめします。

日々の疲れを軽減する方法

とつぜん私ごとですが、
もうすぐ中学生の息子の家庭訪問があります。

家庭訪問・・・。
人生で何度目でしょうか。
もう何回も家庭訪問受けています。
でも緊張します。
今回も担任が変わったので初対面の先生になります。
担任の先生がどんな人か息子に聞いたら
やさしそうな女性の先生なんだとか。
お姉さん?おばさん?
と聞いたら
おばさん
と返事が返ってきました。

そうですか、おばさんですか。
(先生、ごめんなさい)
続きを読む 日々の疲れを軽減する方法

クリニックを利用するのは大げさで抵抗があります

こんな願望を持っている人は多いのではないでしょうか?

「いつまでも美しい肌を保ちたいです。年齢を重ねて肌にも衰えを感じるようになってきました。美肌を保つために特別なケアをしたいのですが、クリニックを利用するというのは大げさで抵抗があります。毎回クリニックに通って施術を受けるのも抵抗がありますし、高額な費用を支払うということが納得できないのです。また人に施術をしてもらうことに対してリラックスすることができず、緊張してしまいます。通って施術を受けるということに対してストレスを感じてしまい肌にも悪影響を与えてしまいそうなので、そのようなことをする必要があるのかという疑問を持ってしまうのです。大げさなことをするのではなく、自分のペースでケアできる方法が知りたいです。」
続きを読む クリニックを利用するのは大げさで抵抗があります

顔の化粧ノリが悪いのでよくしたいです

化粧ノリが悪いと友人からこんな相談を受けました。
「化粧ノリが悪いということが悩みです。顔は周りの人から毎日のように見られる部分なので、化粧ノリが悪いと非常に気になります。自分に自信を持つことができず、下を向いて歩いてしまうのです。化粧が浮いてしまい顔になじみません。毎日のようにうまく化粧をすることができないとテンションが下がってしまいます。どのようにすればいいのかもわからず気分が落ち込んでいます。化粧品を変えたりメイク方法を変えたりしましたが、効果がありません。肌の状態が悪いということは分かっているのですが、その改善方法が見つからないのです。自信のある肌を手に入れて魅力的なメイクをしたいです。化粧は毎日のことなのでコンプレックスを解消したいです。」
続きを読む 顔の化粧ノリが悪いのでよくしたいです

産後体型を改善したい!

私が第一子を出産したのは25歳のときでした。
当時は若かったこともあって産後2~3カ月で出産前の体型に戻りました。
ところが、27歳で第二子、32歳で第三子と妊娠・出産を繰り返す度に産後のたるみが回復しなくなったのです。
なんとかしなくてはと思っていたのですが、三人の子供の育児で毎日がてんてこ舞い。
もう元の体型に戻ることはあきらめていました。
が、先日久々に出会ったママ友が私のお腹を見て「もしかして4人目?」と聞いてきたのです。
確かに・・・妊婦並みのお腹だけどさすがにショックでした。
そこで一念発起して産後体型から脱出し、出産前の若かりし頃の体型に戻るべく、ダイエットに取り組むことにしました。
といっても、食事制限をして体重を落とすだけでは健康を害してしまうし、フィットネスクラブに通う時間は無いし、と気ばかりあせってしまって・・・。
いちどたるんでしまったお腹を引き締めるのは容易ではなく、長期戦で取り組むしかなさそうです。 続きを読む 産後体型を改善したい!

全ての病気は血液の汚れで起きる!!

こんにちは。

野菜ジュースやスープを飲んで身体を活性化させ健康にしようというBlog始めます。

突然ですが貴方は食べ過ぎていませんか?冷えていませんか?

これらの『食べ過ぎ』『冷え』は生活週間病や頭痛、発熱などを引き起こします。

食べ過ぎて血液の中に余分なもの、老廃物(コレステロールやブドウ糖など)が多くなると血液や体内が汚れてしまった川のようになり、病気や感染病などを起こしやすい状態になるそうです。

現代の日本人は動きません、運動不足ではないですか?

デスクワークで冷えてませんか?

このままではあなたの血管内はものスゴイ事になっていますよ。

この状態を改善する方法があります。

それが朝食を野菜ジュースにする事なんです。お昼と夜ご飯は好きな物を食べて大丈夫です。

まずは朝食を野菜ジュースに変えてみましょう。

オススメの健康食品:健康に効果がある黒酢サプリ